美女が快感に耐える

快感に耐えて負けてしまうツバキさんはエロすぎ

加藤ツバキの美しさとエロさ

美女が快感に耐える

美女が快感に耐えるすがたは、本当に美しくてとってもイヤらしい。

こういうシチュエーションをAVにしているのがワープエンターテインメントの「それでも・・・」シリーズ。

そんな人気シリーズに加藤ツバキねえさんが出るとなればそれは見ないわけにはいかないだろうということで「それでも私は、アエがない。

加藤ツバキ」(ワープエンターテインメント)をしっかりと観賞してみた。

見終わっての感想は・・「とにかくエロい」の一言。

いやぁ〜やっぱりツバキねえさんはエロすぎる。

ボディはスレンダー、おっぱいはどちらかというと貧乳系といってもいいでしょ(ごめんなさいツバキねえさん)。

でもそれを補って余りあるフェロモンがツバキねえさんからはムンムンでている。

これをどう表現していいのかちょっとわからないけれど、声を押し殺してそれでも感じまくるツバキさんに大興奮してしまう。

大げさなイキップリとか派手な潮吹きとかそれはそれで興奮するけれど、本当に声を押し殺してそれでも声が漏れてしまい、身体は痙攣、肌は鳥肌という本当に感じまくっているのがわかるところが凄い。

本気度って声の大きさとか反応の大げさ感ではなくて細かいところに出るものだとよ〜くわかりました。

【 お役だちリンク 】女性と飲酒